交通事故はその日は何もなくても2~3日してから症状が出ることがありますので、早期のきちんとした施術が大切です。ためとう整骨院では交通事故によるむち打ちなどの施術も行っております。

「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって後方・側方・前方から頚椎(首)・胸椎(背部)・腰椎に外力が加わり、その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制される事により、筋肉や靭帯、関節包などに損傷を引き起こした状態です。
しかし「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。

むち打ち症の症状

首、肩、頭部の痛み、
首の痛みとその周辺(頭部、肩、腕、手など)の放散痛
吐き気、嘔吐
肩、腕、手などへのピリピリした神経痛
首の可動制限
自律神経失調症状(倦怠感、うつ症状、食欲不振、めまいなど)
腰、脚の痛みやしびれ、運動制限

むち打ち症の特徴

むち打ち症状は、放置すると上記の症状の他に機能障害から2次的障害になり症状が慢性化すればするほど治りにくくなります。
交通事故が原因の諸症状で、経過が思わしくなくお困りの方のご相談に応じております。
これから整骨整体治療(カイロプラクティックをベース)を併用しようかと考えていらっしゃる方、2次的な疾患にお悩みの方の解決のお手伝いがきっと出来ると思います。
交通事故で傷めた部分は痛みが取れても放置すれば再発し易く、何年も経てから様々な症状を様々な箇所に誘発する場合もありますので早目の施術をお勧めします。
後から痛くなっても示談した後では遅いのです。